ご近隣君からおすそ分け

うちのご側くんに、魚釣りを嗜好としている祖父がいます。釣りがある昨日は、ここぞというばかりに張り切っているので見てもアッという間にわかってしまう。おうちのガーデンで釣竿などを綺麗にセッティングし、そうしたらラジオ体操を通じてますからね。そうして、前日も早朝にからで海釣りに出かけたみたいでした。帰宅すると、おすそ分けだよ、ってたくさんのお魚を届けてくれました。アジやキス、そうして、子が喜ぶ定番のつまらない蟹。毎月の慣例催事になっていますが、本当はわたしは、魚がさばけません。各回、帰還後のお消耗ムードの亭主にさばいてもらう有様だ。しかも、蟹は子が飼育していますが、いまだに狭いのでそこまで心配りもできず、概して男子の勤めになっています。旨いのでだいぶ頼もしいのですが、わたしはフェア、蟹ですら怖いのです。随時ゴワゴワといった聞こえてくるといった、ちょっと投げ出すんじゃないか?といった不安になるほどだ。祖父のおすそ分けが好ましい反面、ちょっぴり恐怖でもあります。あまり釣れない事例まで期待して仕舞う自分がいてスイマセンなと思っています。けれども、見事にいつも釣ってくるので、そちらまた驚きです。それでは、魚をさわるようにしたいものですが、答えが見当っていません。公式サイトはコチラ