エドワード・ゴーリーのエキシビション

絵本作家のエドワード・ゴーリーの展覧会をめぐってきました。
あたしは昔からゴーリーの品物が大好きだ。モノクロの緻密な線画、シュールレアリズム、ナンセンス、筋違いなチャットがおとなターゲットで極めて味わい深いだ。同じステージのヤンシュヴァンクマイエルや、トーベ・ヤンソンも大好きです。多分こういう展覧会に来ている人のほとんどが知っていると思います。来場者は男女同じくらいの比率で、学徒らしい人から高齢のクライアントまで多数でした。ゴーリーはメチャメチャかつ暴力的左右が多いので、さすがにお子さん単独での来場はなさそうでした。ゴーリーの品物はとてもお子さんターゲットとは思えませんが、ゴーリー本人はお子さん向けに品物を作っていたと言われているそうです。
今回の展覧会では物販余白もあり、貴重な代物を手に入れることができました。世界的に殊に人気のある「うろんなユーザー」の人となりがプリントされたマグカップ、役職カードは最も話題でした。本当はセル図が欲しかったのですが、少し高かったので降参し、役職カードを購入しました。チラシも持って帰ったので、切り抜いて役職カードと共に壁面に飾っていらっしゃる。
国中を巡回するようなので、オタク以外のお客にもどうにか見てもらいたいだ。M性感風俗なび|痴女・フェチ・SM系情報サイト