ハイスクール通年、父兄の思惑が大きくて難しい?

第最初希望の高校生に大丈夫受かり、張り切って通学やる次男。スクールでΣ(シグマ)という学校相談が必要かどうかを見極めるためのアンケートがあったらしく、手提げ袋にアンケート結実をもちまして帰ってきた。これはきちんと父兄も確認しなければと思いじっくり見てみると、まず高校になったものの、教育のしかたがわからない。これには驚きで一段と、父兄とのスタンスがズレ、また予想が大きくてかなしいのとこにシグナルが。父兄の予想って心境考えてみると思い当たりが。それは高校生受験のときに教育しないくせに急に不安になったのか、種類を下げてアニメで有名になった住まいから遠い寮に入りたいと言い差し出し、なんと揉めしたことが。第最初希望のとこも父兄の求めた高校生を蹴り、父兄がとめたのにも関わらず自分で選んでおいれ、まるっきり父兄の従順にスクール決めたと言い出した処理。押しなべて、自宅のことを何もしないのに寮に入りたいは胡散臭いっていうことを根に有するのにズレない。勉強すればよろしいものを、ラクラク高校生に行こうとしていたくせに、教育済ませろと言いたいメンタリティを抑えていたのに父兄の予想がおおきいは。父兄が期待しているのなら教育のしかたがわからないなんてことにはならない筈ですが。あんな赤ん坊を有する父兄の方が相談したいぐらいです。こちらへ